読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ProFTPd CVE-2015-3306 mod_copy脆弱性のメモ

security linux proftpd

ちょっと前に公開された、ProFTPD の mod_copy モジュールにおける任意のファイルを読み書きされる脆弱性を調べてみた

なんといっても「基本値: 10.0 (危険) [NVD値] 」なので気になる

概要

修正版

調査

結果

  • RedHat系 (ferora, EPEL) ではデフォルトの設定だと、mod_copy は無効になっている(loadしていない)
  • SITE CPFR, SITE CPTO なんてまず使わないので、わざわざ有効にする事もまずなさそう
  • ※EPEL6 (CentOS6, RHEL6)だと、mod_copy自体が入っていない

公式最新版で試してみる

http://www.proftpd.org/docs/ 1.3.5

ソースからのmakeの場合、デフォルトのconfigure ではmod_copyは入らない

CentOS 6 (EPEL6)だと

epel6 のProFTPdでも mod_copy は有効になっていない ※インストール自体されていない

/usr/libexec/proftpd% ls
mod_ban.so          mod_ifsession.so        mod_quotatab_sql.so  mod_sftp_pam.so   mod_sql_passwd.so    mod_wrap2_sql.so
mod_ctrls_admin.so  mod_load.so             mod_radius.so        mod_sftp_sql.so   mod_tls_shmcache.so
mod_exec.so         mod_quotatab.so         mod_ratio.so         mod_shaper.so     mod_wrap.so
mod_facl.so         mod_quotatab_file.so    mod_rewrite.so       mod_site_misc.so  mod_wrap2.so
mod_geoip.so        mod_quotatab_radius.so  mod_sftp.so          mod_sql.so        mod_wrap2_file.so
/usr/libexec/proftpd% ls | grep copy

って、EPEL6は1.3.4だから入っていないのか(mod_copyが入ったのは1.3.4から)

fedora でupdateがでているのは、、、、 https://admin.fedoraproject.org/updates/ より fc20,21,22,el7

EPEL 7 (RHEL7, CentOS7) のSRPMを見てみる

proftpd-1.3.5-5.el7.src.rpm

デフォルトのconfだとloadしていない

proftpd.confから抜粋

# SITE CPFR and SITE CPTO commands (analogous to RNFR and RNTO), which can be
# used to copy files/directories from one place to another on the server
# without having to transfer the data to the client and back
# (http://www.castaglia.org/proftpd/modules/mod_copy.html)
#   LoadModule mod_copy.c

実際に使えない

$ telnet localhost 21
Trying ::1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
220 FTP Server ready.
site cpfr /etc/passwd
500 'SITE CPFR' not understood
quit
221 Goodbye.
Connection closed by foreign host.